2018/11/28

畑パトロール 11/28


ミニトマト。
なぜか、いのししや鹿に襲われずたくさん採れる。
残念ながら11月下旬に入り、寒さには勝てず、
緑の実をたくさん残したまま枯れはじめてきた。
緑の実には少し毒成分があるらしい。
トマト側は完熟した種(たね)を動物に食べてもらい
種(しゅ)を増やしたい野望があり、
まだ種(たね)が出来上がっていない緑の実に、
毒成分を入れてみたのか。
静かな生物だけれど強い精神力をお持ちだ。
となるとトマト的には
人間が食べないほうがよいのかもしれない。
しかしながら私はトマト好き。
毎日早く赤くなれと念じている。

2018/11/27

今日の畑パトロール 11/27


 原木栽培のシイタケ。
今年は雨が多かったこともあり、
キノコ豊作の年らしい。
シイタケと野菜たっぷりのお味噌汁、
バターしょうゆ炒めがたまらなく好き。
鹿との奪い合いである。



枯葉がくもの巣にひっかかっていた。
街でひっかかる(あまりひっかからない)
ふわーとしたくもの巣や糸よりも
固くて強いような気がする。
こないだカラス避けに張っているテグスと間違えて
結ぼうとしたくらいだ(本当に笑)
田舎のくもは大物を狙っているに違いない。
広島弁で「くもの巣」のことを
「くものえば」ということもある。
「えば」とは「負子」と書き、
農家で使う背負い運搬具(背負いかご)である。
植物を編みこんだ様はくもの巣のよう。
(ナオペディアより)